Software Engineering Laboratory Department of Computer Science Graduate

  • Slides: 36
Download presentation
エンタープライズ系ソフトウェア開発 のための見積技法及び プロジェクト管理支援に関する研究 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 井上研究室 原田 晃 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science,

エンタープライズ系ソフトウェア開発 のための見積技法及び プロジェクト管理支援に関する研究 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻 井上研究室 原田 晃 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 1

ファンクションポイント法を応用した 早期見積技法の提案とそのシステム化 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science

ファンクションポイント法を応用した 早期見積技法の提案とそのシステム化 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 4

IFPUG法の概要 Step 1:ファイル系要素(DF)の計測 ・ILF,EIFを抽出 ・ILF, EIFの複雑度を高,中,低の 3段階に設定 ・複雑度はデータ項目数,レコード種類数で評価 Step 2:処理系要素 (TF)の計測  ・EI,EO,EQを抽出  ・EI, EO,

IFPUG法の概要 Step 1:ファイル系要素(DF)の計測 ・ILF,EIFを抽出 ・ILF, EIFの複雑度を高,中,低の 3段階に設定 ・複雑度はデータ項目数,レコード種類数で評価 Step 2:処理系要素 (TF)の計測  ・EI,EO,EQを抽出  ・EI, EO, EQの複雑度を高,中,低の 3段階に設定  ・複雑度は関連ファイル数,データ項目数で評価 Step 3:FPの算出法 低 中 高 ILF X 7 X 10 X 15 EIF X 5 X 7 X 10 EI X 3 X 4 X 6 EO X 4 X 5 X 7 EQ X 3 X 4 X 6 計 FP Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 8

FP単価設定の考え方 1996年~ 1998年にかけてのIFPUG法での実測結果からFP単 価の平均値を算出し,それを参考に設定. 実測による平均値 ファンクション FP平均値 IFL 8 EIF 5 EI 5 EO

FP単価設定の考え方 1996年~ 1998年にかけてのIFPUG法での実測結果からFP単 価の平均値を算出し,それを参考に設定. 実測による平均値 ファンクション FP平均値 IFL 8 EIF 5 EI 5 EO 6 EQ 4 データファンクションのFP単価 実測値を,そのまま適用 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 12

要素機能のFP実測値 要素機能 個数 出現頻度% FP合計 FP比率% FP平均値 FP単価 FP偏差% 新規登録 580 11. 8 2526

要素機能のFP実測値 要素機能 個数 出現頻度% FP合計 FP比率% FP平均値 FP単価 FP偏差% 新規登録 580 11. 8 2526 12. 0 4. 4 5 13. 6 既存データ変更 712 14. 5 2980 14. 2 5 19. 0 既存データ削除 439 9. 0 1671 8. 0 3. 8 4 5. 3 その他更新 87 1. 8 334 1. 6 3. 8 6 57. 9 問合せ応答 537 11. 0 2362 11. 2 4. 4 5 13. 6 一覧照会 567 11. 5 2564 12. 4 4. 6 5 8. 7 明細照会 131 2. 7 692 3. 3 5 -5. 7 計算結果表示 12 0. 2 61 0. 3 5. 1 6 17. 6 更新の為の照会 94 1. 9 455 2. 2 4. 8 4 -16. 7 選択肢一覧 650 13. 3 2045 9. 7 3. 1 3 -3. 2 その他照会 17 0. 3 59 0. 3 3. 5 5 42. 9 帳票出力 586 12. 0 3170 15. 1 5. 4 6 11. 1 CSV出力 133 2. 7 433 2. 1 3. 3 5 51. 5 その他データ出力 294 6. 0 1285 6. 1 4. 4 5 13. 6 他システムへの出力 61 1. 2 329 1. 6 5. 4 5 -7. 4 合計 4898 100. 0 20996 100. 0 65. 5 74 221. 8 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 15

WBSに基づく プロジェクト管理システムの実現 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science

WBSに基づく プロジェクト管理システムの実現 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 23

プロナビの構成 クライアントPC プロナビWebサーバ プロジェクト計画 策定 プロジェクト 情報DB プロジェクト情報 管理部 成果物 DB 成果物管理部 管理者 プロジェクト情報表示

プロナビの構成 クライアントPC プロナビWebサーバ プロジェクト計画 策定 プロジェクト 情報DB プロジェクト情報 管理部 成果物 DB 成果物管理部 管理者 プロジェクト情報表示 project view クライアントPC 知識情報管理部 知識情報 DB プロジェクト情報表示 project view private view 開発者 成果物作成 知識情報 表示 Intranet/Internet Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 27

プロナビでの進捗情報の自動収集 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and

プロナビでの進捗情報の自動収集 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 30

自動収集した進捗情報の出力例 程 ソ フ ト 詳 細 設 計 担 当 成果 物予 定数

自動収集した進捗情報の出力例 程 ソ フ ト 詳 細 設 計 担 当 成果 物予 定数 未完了 B 60 未完了 60 60 中機能 12 65 中機能 13 - 大機能 中機能 FP 進 捗 - - 300 180 大機能 1 - 180 中機能 11 大機能 2 階層の 状態 成果物の状態 PM 承認 済 73 QA 承認 済 78 作成 完了 着 手 80 顧客 承認 済 70 78 78 C 50 40 43 48 50 50 完了 D 15 15 15 0 未完了 E 25 20 20 25 25 25 55 0 未完了 F 10 5 8 8 120 完了 G 30 30 30 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 32

QFDを応用した機能仕様の 早期確定技法「仕様発散防止QFD」 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science

QFDを応用した機能仕様の 早期確定技法「仕様発散防止QFD」 Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University 33