p Circle radius double x double y double

  • Slides: 21
Download presentation

クラス図 p クラスを長方形で表す. 《クラス図での表記》 クラス名 Circle 属性 radius: double x: double y: double 操作

クラス図 p クラスを長方形で表す. 《クラス図での表記》 クラス名 Circle 属性 radius: double x: double y: double 操作 move(px, py) resize(scale) 《Javaのソースコード》 class Circle { double radius; double x; double y; } void move(double px, double py) { x = px; y = py; } void resize(double scale) { radius = radius * scale; }

クラス図 p 抽象クラスとインタフェース 《抽象クラスの表記》 クラス名を斜体に Shape move(px, py) resize(scale) 抽象メソッドは 斜体に 《interface》を 頭に記す 《インタフェースの表記》

クラス図 p 抽象クラスとインタフェース 《抽象クラスの表記》 クラス名を斜体に Shape move(px, py) resize(scale) 抽象メソッドは 斜体に 《interface》を 頭に記す 《インタフェースの表記》 《interface》 Mouse. Listner mouse. Clicked(e) mouse. Pressed(e) mouse. Released(e) mouse. Entered(e) mouse. Exited(e)

クラス図 p 継承と実現(実装) 《interface》 Mouse. Listner mouse. Clicked(e) mouse. Pressed(e) mouse. Released(e) mouse. Entered(e)

クラス図 p 継承と実現(実装) 《interface》 Mouse. Listner mouse. Clicked(e) mouse. Pressed(e) mouse. Released(e) mouse. Entered(e) mouse. Exited(e) Shape move(px, py) resize(scale) 実現 できる限り親を上側に, 無理なら左側に配置する 継承 Circle radius x y move(px, py) resize(scale)

シーケンス図 p Circle, Pointの例. : Circle center : Point move(px, py) set. X(px) set.

シーケンス図 p Circle, Pointの例. : Circle center : Point move(px, py) set. X(px) set. Y(py)

シーケンス図 p 自己メッセージ 自分で自分を呼び出す.再帰呼び出し. resize() get. Radius() set. Radius() class Circle { double radius;

シーケンス図 p 自己メッセージ 自分で自分を呼び出す.再帰呼び出し. resize() get. Radius() set. Radius() class Circle { double radius; : double get. Radius(void) { return radius; } void set. Radius(double r) { radius = r; } void resize(double scale) { set. Radius(get. Radius() * scale); } }